体を蝕む多くの病|専門クリニックの利用でゲンキボディ

痛風と診断されたら

痛風は放置していけません

痛風は主に足の親指の付け根が腫れて痛くなる病気です。痛風の原因は体内にたまった尿酸です。尿酸は結晶化し、関節にたまって炎症を引き起こします。痛風が原因で関節炎や痛みを起こすことを痛風発作とよびます。この発作は血液検査で尿酸値が高いといわれた方によく起きます。 尿酸の元はプリン体です。プリン体の多い食べ物を多くとると痛風が起きやすくなります。たとえばレバーや魚の干物、エビなどに多く含まれています。またアルコール、特にビールにも多く含まれています。 痛風を起こすほど尿酸値が高い場合にはそのほかの病気も起きている可能性があります。具体的には尿管結石や腎障害です。尿管結石の一部は尿酸の結晶です。また高尿酸血症が長く続くと、体にたまった尿酸を出すために腎臓に負担がかかり腎臓病になることもあります。

発症してしまったら

大切なのは健康診断をしっかり受けて、尿酸の値を定期的に見ることです。尿酸値が上がってきたらまずは食事を見直して、プリン体の多い食材やビールを控えましょう。 痛風になってしまったら病院にかかるしかありません。痛風発作は激痛で、いつ起きるかわかりません。一度かかった人は繰り返しやすいのでさらに厳しく生活を見直しましょう。できる限りの努力をしても数字が高い人は病院で尿酸値を下げるくすりを処方してもらうこともあります。体質で高尿酸血症ができやすい人も内服治療が勧められます。 痛風発作は急に尿酸値が下がった時も起きることがあります。尿酸値の薬とは別に痛風発作用の痛み止めや発作の予防薬もありますので、繰り返す方は病院で相談してください。